インプラント治療法の効果

歯を失うことによって、歯以外にも色々なことを失ってしまいますよね。
例えば食事を楽しむこと、固いものを食べたくても噛むことが出来なくなります。
また口や歯が気になって、素直に笑うことすら嫌になってしまったりします。
頭痛や肩こりに悩まされたり、口臭が気になって人と話すことが嫌になることもあります。

父親は部分入れ歯をしているのですが、付け始めた初めのころは、家族にすら入れ歯のことを話してくれませんでした。
それほど歯を失うということは、失ってしまった人にしか分からない、とてもやるせない気持ちだと思うのです。

インプラント治療によって、得られる効果はたくさんあります。
一つめは、噛む力の回復です。
インプラントは、自然の歯のように顎の骨に固定できるので、固いものを噛むことが出来ます。
ブリッジや差し歯は、どれだけ丁寧に扱ってもいつかは不具合の出るものです。
違和感や、入れ歯のような取り外し等が全くと言えるほどないのです。

二つめは、見た目の回復です。
隣の歯を削る必要もありませんし、見た目はほとんど自然の歯と同じ仕上がりになります。
その他にインプラントは、笑ったときに通常異常の歯茎が見えてしまう、ガミーフェイスの対策にもなります。
またかんだ状態で、歯茎がかまない状態のことを示す開咬症例にも効果的です。
そして上顎前突や下顎前突症例にも効力を発揮するのです。

三つめは、見えない回復です。
食事や、見た目等で目に見えてわかる回復もあれば、噛むことによって引き出される見えない回復もあります。
歯が抜けてしまい、噛んだときに偏った力の加わり方をしていたことが改善されたり、食生活が改善されて健康状態も良くなります。
また、噛むことで脳が活性化されます。

最後に精神面に効果します。
歯を失ってしまったことのショックや、差し歯や入れ歯をすることへの抵抗等、歯を失ったことのない人にしか分からないストレスが沢山あるのです。
しかしインプラント治療をすることにより、友人と話すことや笑うこと、食事を楽しむことができます。
人としての楽しみを、また心から楽しむことが出来るのです。
そんなインプラント治療の流れについてはこちらにかいてありますのでご覧ください。