歯周病から起きる病気

歯周病とは、歯を支えている骨の部分が溶けてしまう恐ろしい病気です。
以前は「歯槽膿漏」とよく呼ばれていましたが、最近は一般的に「歯周病」と呼ぶことが多くなっています。

日本人の35歳以上の方のおよそ80%が歯周病だと言われており、日本は「歯周病大国」と呼ばれています。

最近では歯周病によって、歯だけではなく体全体へと病気で影響を及ぼすということが分かってきました。
体内に歯周病の菌が侵入して影響を及ぼすわけですが、これは血管を経由する場合と、直接口の中を経由する場合があります。
口の中を経由する場合は、他の臓器に細菌自体が感染する歯性感染症です。
血管を経由する場合は、歯周病の細菌によって過剰に作り出した炎症物質や過剰活性化した白血球が、血管を通り他の臓器に移ってさまざまな悪影響を与えます。
では、歯周病があると発生する確率が高くなる病気を挙げてみましょう。

まず糖尿病です。
糖尿病患者の方は、歯周病が発祥すると糖尿病の病気が重症化しやすいと言われています。
なぜかというと、糖尿病が進行すると免疫機能が低下してしまうためです。
歯周病が一見全く関係の無い糖尿病へどんな影響を与えるか、今まであまり問題にされませんでしたが、最近になって歯周病が糖尿病の発病や血糖コントロールなどに影響を及ぼすということが分かってきました。
「糖尿病になると歯周病になりやすくなり、歯周病になると糖尿病にかかりやすくなる」という負の連鎖はよくあるようです。
このような状況にならないために、糖尿病患者は歯周病に対し、より一層注意をすることが必要となります。

次に、心臓病です。
健康な人に比べて歯周病の人は、心筋梗塞などの重大な病気を起こすリスクが2倍から3倍以上も高いそうです。
25~45歳くらいの若い年齢の人が歯周病にかかっていると、心筋梗塞や心臓病を起こす確率が70%も上がると言われています。
なぜかと言うと、歯周病の菌が血流にのって冠状動脈に到着すると炎症を起こし、すると血流が悪くなり、やがて血栓ができるためです。
この血栓が心筋梗塞の原因になると考えられています。

この他にも、感染性心内幕炎、肺炎、低体重児早産なども引き起こす確率が高くなるとも言われています。
歯周病の脅威は口の中だけではないのです!