根幹治療とは

根幹治療とは、細菌に感染してしまった歯質や神経を、リーマーやファイルといわれる医療用器具で徹底的に除去し、歯の根の病気を治療、予防するものです。
RootCanalTreatmentを略してRCTと呼ばれることもあります。

虫歯がC3以上、つまり歯髄まで進行した場合や、歯の根が病気になってしまった場合、この根幹治療が必要となります。
しかし、歯の神経・根を治療する根幹治療は、実はかなり難しいものです。
なぜなら根の中は直接見ることはできません。形もみなそれぞれ異なるため完全に細菌を取るということは非常に難しいのです。
しかも、細菌を取り残し、そのままの状態で詰め物をしたり、差し歯やかぶせ物などのクラウンをかぶせてしまうて、
そこから細菌が増殖してしまい、トラブルが起きてしまうこともあるからです。
あとからトラブルが出てしまった場合、ほとんどのケースは治療した詰め物やクラウンなどを作り直さなくてはいけませんし、
最悪の場合には抜歯になってしまうのです。

根幹治療の治療期間はたいがい長期間かかります。
細菌を取り残すことをしないようにするために丁寧に治療を行うので、どうしても時間がかかってしまうのです。
早い場合は2、3回ほどで済みますが、長い期間になると1~2ヶ月ほどかかることもあります。

根幹治療の成功率は、ラバーダムというゴムマスクを装着して丁寧に行った場合は約90%、ラバーダム無しの場合は50%以下です。
根幹治療の成功とは痛みや違和感を患者さんが感じず、レントゲン写真で異常が見られないことを言います。

ラバーダムを装着していると、外部からの細菌感染を防ぐことができます。
日本の根幹治療では、ラバーダムを使用して根幹治療を行うことはあまりありません。
なぜなら根幹治療の保険点数が低く、ラバーダムを使用して根幹治療を行うと間違いなく赤字になってしまうからです。
しかし、ラバーダムを使用しなくても消毒や仮蓋などをきちんとすることで成功率が高くなる場合もあります。

根幹治療の治療費は、保険治療で3割負担の場合は約1500円~3000円、保険外治療の場合は約1万~10万円ほどです。

虫歯が歯髄まで進行してしまい根幹治療が必要になってしまうと、治療が大変になります。
こうならないためには、やはり予防をしっかりして、定期的に歯医者に行き、早期発見、早期予防をすることが大切です。