虫歯の主な原因について

口の中には、たくさん細菌がいます。
その中の「ミュータンス菌」が主に虫歯の原因菌と言われています。
口の中の虫歯菌が、食べ物の中の砂糖をとりこみ、表面にネバネバした物質をつくります。
そのネバネバした物質の中に、ミュータンス菌は口の中のいろいろな菌と一緒に集落を作ります。
その集落が、プラークといわれるものです。

虫歯菌は、食べ物にある「糖分」を利用して、酸をつくります。
酸によって、プラークのpHが酸性に傾き、臨界点を超えると歯の表面から「カルシウム」「リン酸」などの歯の成分が溶け出します。
そしてしだいに、エナメル質を溶かしていきます。

このように、食事をすると口の中は酸性となりますが、体の免疫機能として唾液が、その溶けた歯を修復してくれるのです。
唾液が酸性に傾いたプラークのpHを中性に戻し、溶け出した「カルシウムイオン」「リン酸イオン」が歯の表面を今度は修復してくれるのです。
また歯や口の中の洗浄をし、プラーク中の細菌の増殖を抑制する効果もあります。

「脱灰」歯が溶けることや、「再石灰化」歯の修復のバランスが保たれていれば虫歯はできません。
しかし、「脱灰」を繰り返し、「再石灰化」が追いつけないと虫歯になってしまいます。
虫歯になりやすい人というのは、その虫歯菌の数が多く、たくさんの酸ができやすいため、歯が溶けやすい状態になっているのでしょう。

他には、体の免疫機能としての唾液の量が少なく、プラークを洗い流したり歯の表面の修復がうまくできないことがあげられます。
虫歯のなりやすさは、虫歯菌の数の多さ、ミュータンス菌などの量、唾液の分泌量や緩衝能によっても異なります。
他にも食生活、フッ素の使用状況などが関係しているといわれています。
また幼い頃に甘いものは虫歯になると言われたのも、原因が糖分を材料に酸が作られるというのなら納得する部分もあります。

しかし本当の原因は、個々によって違うのも確かです。
もし虫歯になったのならば、歯科医院で治療をしましょう。
なんで虫歯になったのだろうと歯科医師と一緒に考えて、再発防止に心がけましょう。