知覚過敏とは

虫歯がない状態で、歯ブラシが触れたら痛かったり、冷えたものがしみたりする症状の多くが知覚過敏です。
歯の痛みだけでは、虫歯なのか知覚過敏なのかわかりにくいものです。

知覚過敏の正式名称は、象牙質知覚過敏といいます。
歯の頭の所はエナメル質という、とてもの固い素材に覆われているうえに、中は象牙質になっていて、神経(歯髄)が通っています。
ところが根の表面は、エナメル質がない状態です。
根が歯茎から露出すると、象牙質に様々な刺激が直接伝わってきて、歯の神経に直撃するのです。
象牙質には、数々の小さな穴があり、この象牙細管が刺激の伝達を伝えてくるのです。

知覚過敏の症状で特徴的なのは、高音が響くような鋭い痛みです。
その痛みは一過性のものが多く、摩擦や冷たい水などの外来刺激で誘発させられます。
しかし歯根の表面が露出している状態でも、必ず知覚過敏が起こるというものではありません。

知覚過敏が起こりやすい原因には、様々な症状があります。
露出した歯根がプラークで汚れていると、プラークの中の菌による刺激物質でしみることになります。
露出した歯根を歯ブラシで強く磨いたり、歯磨き粉の研磨剤で傷付けてしまった場合、象牙細管の穴が常にあいた状態になります。
すると、刺激が伝わりやすくなりしみてしまうでしょう。
それに強い力で歯根が削られて、歯の神経までの距離が近くなってしみることもあります。
歯ぎしりやくいしばりで過剰な力が加わわると、歯根の表面が割れたり、はがれたりします。
くさび状に歯根がくびれて、刺激が伝わりやすくなってしみてしまいます。

知覚過敏が原因のときは、特別治療をしなくても痛みがなくなることがあるせいか、放置してしまう人も多いのです。
しかし、自分の歯の状態は知っておいた方がいいでしょう。
歯科医院では、知覚過敏なら薬を付けてもらえば処置は終わりますし、虫歯が原因だったときには治療をしなければなりませんので、早期に診察をした方がいいですね。