3i

3iインプラントは、Implant Innovations社が作っている製品で、アメリカではトップクラスのインプラントです。
3iインプラントの特徴は、特許を得た「オッセオタイト」という表面性状にあり、微小で均一な粗造構造です。
このこまかな突起の間にフィブリンの束が絡まることで、クロット付着を創り出します。
このことが、インプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」をより強くします。

オッセオタイトハイブリッド表面は、親和性と軟組織が良いため軟組織の感染を減らします。
同時に、インプラント周囲炎を減少させるという効果が期待されています。
インプラントの失敗の原因は、インプラント周囲炎と言われています。
つまり、軟組織の健康はインプラントの長期保存に必要不可欠なものなのです。

また他にも審美性、操作性、精度、多様性と多岐に渡った特徴があります。
審美性は、天然歯列ととよく似た美しさを再現するために、単独歯欠損や多数歯欠損にも患者の要望する審美性を実現されるようにしています。
操作性は、さまざまな症状にきめ細かく対応し、臨床医の負担を軽くする豊富なシステムの提供ができるようになっています。
精度は、インプラント外科、補綴に用いられる全ての製品は、極めて高い精度で製造されており、上部構造の適合性に問題なく作られています。
多様性は、多種多様な患者の要求を満足させるために、幅広い選択肢のインプラント体、補綴コンポーネント、外科器具が取り揃えられています。

3iが現在掲げている課題は、「よりシンプルに使える」、「より治療期間を短縮できる」、「より予知性を確実なものにする」といった製品の開発なのです。
アメリカで創業した3iですが、わずか20年の間に世界37ヶ国で販売活動を展開するまでに至っています。
日本にもあるのですが、日本ではあまり馴染みがないインプラントシステムで、使用している歯科医院はあまり多くはないのです。
希望するのであれば、扱っている病院を調べて方がいいでしょう。