POI

POIインプラントは、最も歴史がある日本のインプラントシステムのことです。
製造元は日本メディカルマテリアル社で、神戸製鋼所と京セラとがそれぞれの医療材料部門のあわさって設立した日本最大のインプラントメーカーです。
POIインプラントは、日本人の顎の形状、骨の性状を考慮した上で開発されています。

日本のインプラントメーカーには、POIインプラント以外にも、AQBやプラトンなどがあります。
ただ、国産のインプラントはやはり海外のものと比べると、実績という点で多少劣るところがありますが、最大のメリットはといえば費用の安価と言えます。
日本のインプラントは、海外のメーカーに比べ、安価で治療が可能だとというわけです。
海外のインプラントの場合、1本約30~50万円ほどの費用がかかります。
それに比べ国産のインプラントの場合は約10~30万円ほどと、海外のインプラントの約半分になっています。

POIインプラントには審美性の回復という問題がありました。
その審美性の問題を改善を目的とした「POI-EX」という新たなインプラントが開発しました。
POIインプラントをはじめ、日本のインプラントは海外のものに比べると、まだ歴史は浅いものです。
費用や日本人に合う製品の開発という点では、実績が劣ることを対象に考える必要はないでしょう。

今後はPOIインプラント、AQBやプラトン、日本におけるインプラントメーカーの競争も激しくなりました。
各社独自の特徴があるインプラントが、作られていくようになるのではないでしょうか。
インプラント治療は、簡単にいえば失った自分の歯の代わりに、人工の歯根と人口の歯をつくるということです。
入れ歯やブリッジの他の治療法の一つとしての選択肢にはいるほどになってきています。

インプラント治療には、POIインプラントや他の日本のメーカーのもの、海外のメーカーのもの、どの製品を選んでも、それぞれにメリット、デメリットはあります。
手術の流れや手術後のメンテナンスなどについて、よく説明を聞いて医師とも相談のうえで、納得のいくものを選んでください。