プラトン(プラトンバイオ)

プラトンのものは、日本人によって、日本人のために開発されたインプラントです。
プラトンインプラントシステムは、1995年から臨床応用が開始されて以来、年間約40000本が今では使用されるようになりました。
プラトンシステムの開発ベースとなっているのは日本の精密機械工学ですので、その優秀さは保障されています。

なによりもインプラントはスウェーデンで始まった歯科の治療法で、その後、アメリカやドイツを経由して、世界中に広がっていったと言われています。
しかし海外の人に比べると日本人は体が小さいこともあり、顎も小さく、歯茎の厚さも薄いために合わないのです。やはり日本人向けのものは日本人で作り出すしかありません。
国内の精密機械加工、金属表面処理技術、表面コーティング処理技術等といったさまざまな分野の企業間ネットワークによって、高精度で安定した製品の提供に成功しました。

またプラトンインプラントシステムは、歯科医療現場の声を取り入れ、製品を使用する歯科医師の先生方の意見を製品開発に反映し、医療の現場にあったものを開発し、構築しているといってもいいでしょう。
プラトンインプラントの開発は、日本人のためのインプラント製造のための精鋭チームを組織し、世界最精密のプラトンインプラントが誕生したというわけです。
人種による体系の違いによる必要性から開発されたのが、プラトンインプラントなのです。
このプラトンインプラントの登場によって、日本人に合う安価で確実なインプラント治療が実現されるようになりました。
こちらのインプラント費用についてのサイトもご覧ください。

表面性状はブラスティング+酸エッチング処理で、均一なおうとつと安定した酸化膜を形成しており、オッセオインテグレーションを促進させるようになっています。
最近ではインプラント体表面にハイドロキシアパタイトコーティングを施した、プラトンバイオインプラントが新たに開発されました。
最新の海外のものよりも劣る部分がないとはいえませんが、日本人の歯に合うものといえば、やはり日本製のものになるのではないでしょうか。