カルシテック

インプラント治療というのは、天然歯により近い形にこだわり、機能も回復できるものです。
従来の治療を超えた新たな水準の快適力と、自然な感じを得られる方法です。
インプラント治療では、自分の歯茎の中にある顎の骨に、インプラント体を埋め込むことになります。
自分の体の一部にもなるのですから、顎の骨と相性が良いインプラントメーカーを選ぶことはとても大切です。

そのなかに入っているのが、カルシテック社のものです。
カルシテックインプラントは、インプラント体の表面がハイドロキシアパタイトという素材でコーティングされていることが特徴です。
ハイドロキシアパタイトというのは、歯や骨を構成する成分のことを言います。
このハイドロキシアパタイトが唾液中のミネラルイオンと作用すると、微小欠損した歯の再石灰化を促します。
初期の虫歯治療にも使われています。

そもそもが歯の自然治癒力を高めるような素材と言えるものなのです。
そんなハイドロキシアパタイトが使用しているカルシテックインプラントですから、顎の骨とも結合しようと積極的に働きかけます。
治療成功率99.5%という、実績あるメーカーになっているというわけです。
カルシテックインプラントは、インプラントの表側にハイドロキシアバタイトでてコーティングさせます。
ハイドロキシアパタイトが、骨と結合するための土台作りをしているようなものです。
チタンインプラントだけのものをネジとして例えるならば、カルシテックインプラントはネジに接着材がついたという表現になります。
どちらが接着しやすいかが、よく分かるのではないでしょうか。

カルシテックインプラントの効果は、特に医学的に骨質が悪いとされる上あごの骨のような部位に役立つと言われています。
インプラント治療が困難な部位であったとしても、カルシテックインプラントであれば、チタンインプラントよりも、半分以下の治療期間に短縮することが可能だといえます。