スイスプラス

スイスプラスはスイスで生まれたもの・・・と思われがちですが、実はアメリカのジンマー社によって作られたインプラントシステムなんです。
ではなぜスイスという言葉が付いているのか?
それはスイスで作られたストローマンインプラント(ITIインプラント)を参考にして作られたインプラントだからです。
製作者の「ストローマンインプラントを超えられるように」という思いを込めて、スイスプラスという名前が付けられました。

勿論スイスプラスはただ真似て作られただけのものではありません。
研究や開発をしっかり練りこまれた、安心安全のインプラント治療法として、今世界で話題になっています。

スイスプラスの表面はザラザラとした性状のSBMブラスト処理を施されています。
SBMブラスト処理により歯の骨と結合しオッセオインテグレーションを促進します。
スイスプラスは予めフィクスチャー(インプラントのネジの部分)にフィクスチャーマウントが連結済みで、治療が効率よく行われます。
またスイスプラスとストローマンとは互換性が非常に高く、費用が安く済むのも特徴です。

インプラント治療を行う上で必要とされるのは、治療時間(日程)の短さと、手術の信頼性・信用性の高さです。
いくら安くても、いくら治療の時間が少なくとも、安全性や信頼性が低くては治療することはオススメできません。
その点スイスプラスインプラントは治療時間の短縮と安価な治療費に加え、治療に対する信用性が非常に高いといわれています。

オッセオインテグレーションとはインプラントに含まれたチタンと歯の骨が一体化する事を指します。
オッセオインテグレーションが行われることにより治療期間の短縮が実現でき、場合によってはすぐに加重することが可能とされています。

スイスプラスの材質は純チタン製となっているため、インプラントと歯の骨との結合性が非常によく、患者自身への体の負担が少なく済みます。
スイスプラスは現在も研究が進められており、さらによりよい治療法へと進化をしているのです。