インプラントのメリット

インプラント治療にはデメリットもありますが、それに以上にメリットがたくさんあります。

・見た目が自分の本当の歯に近い
ブリッジも自分の歯に近い見た目になりますが、歯を削ずるというデメリットがあります。
インプラントは、周りの歯に負担をかけず、自分の歯に近い見た目の歯というメリットがあります。

・自分の歯と同様に噛める。
ブリッジも自分の歯のようにに噛むことが出来ますが、両隣りの歯に負担をかけてしまいます。
また部分入れ歯の噛む力は、自分の歯の3分の1程度と言われています。

・顎の骨量が減少するのを防ぐことができる
歯を失うと、食べ物を噛み砕くことが減り、歯茎やあごの骨が痩せ細ることが多いです。
しかしインプラントなら、骨や歯茎に噛むことが伝わるので、顎の骨や歯茎が痩せてしまうことを防げるのです。
入れ歯やブリッジは刺激が伝わらず、顎の骨や歯茎が痩せていきます。

・噛み合わせを維持出来る
インプラントはメンテナンスやブラッシングをきちんとすれば、長持ちするというメリットがあります。
長時間において、安定した噛み合わせが可能です。
ブリッジの寿命は7年ぐらいとされており、土台とする両隣りの歯を悪くする可能性もあります。
入れ歯も、長期間噛み合わせを維持するのが難しいとされています。

・複数の歯を失ってしまっても治療が可能である
ブリッジは失った歯の両サイドに土台なる歯が必要となります。
しかし、インプラントは歯が両サイドになくても、人工の歯をつくることが出来るというメリットがあります。
また入れ歯も複数の歯を失った場合でも治療が出来ますが、他の色々な面を見るとインプラントには劣ります。
歯を失ってしまったショックや、食事を美味しく食べれなくなったり、年を取ったという感覚をインプラントをすることにより、取り戻すことが出来ます。
歯を失ったことで食べられなくなってしまった固い食べ物も、インプラントをすれば食べることが出来ます。
口臭が気になって人と話すことが嫌になってしまった、などの悩みもインプラントは解決してくれるのです。