インプラントのデメリット

インプラントにもメリット・デメリットはあります。
今回はデメリットについて紹介します。
まず、治療費が高いことが挙げられます。

インプラントは一本20万円~60万円ととても高額な値段設定になっています。
保険が適用されず、全額自己負担です。
そして、治療期間が比較的に長いということです。
手術が終わっても、治療が完了するまでには時間がかかります。
完了してからも定期的に、メンテナンスが必要となります。

その他にも、誰にでも起こりうるトラブルなどもあります。
代表的なものでインプラント周囲炎、インプラントの脱落があります。
自然の歯と同じで、インプラントの周囲にはプラークが蓄積し、歯周病を発症させます。
これがさらに進行すると、インプラントの周辺の歯は骨吸収を起こし、そしてインプラント脱落に繋がります。

いつも清潔に保てば、炎症は起こらないようになります。
しかし、ブラッシングが行き届かずに、長期間汚れが付着したままになっていることもあります。
他ににも、体が弱っていて感染しやすい状況のときは、炎症、骨吸収が起きてしまうのです。
プラークコントロールの強化で、進行を遅くすることは可能です。

まだ現代の医学では、進行してしまった炎症、骨吸収を完全に止める医療法は、インプラント自体の除去しかないのです。
もしインプラントがダメになり取り除くことになった場合、インプラントを除去した後に、骨があれば再びインプラント治療が可能です。
しかし、残っている骨が少なかった場合、ブリッジか入れ歯で治療するしかありません。

世界中の多くの研究者が、表面状のインプラントを開発しています。
しかしインプラント周囲炎を起こさずに、強固に骨と結合する、理想のインプラントは開発されていません。
そしてインプラントの美しい仕上がりは、歯肉や骨の状態等で左右されます。
自然の歯と同じような美しい仕上がりは、良好な条件が揃っていないと期待出来ないのです。

このようなデメリットも多いインプラントですが、デメリットがあってもインプラント治療を受ける患者さんは、今どんどん増えて来ています。
デメリットがあったとしても、メリットに期待して治療を受けるのです。
高いお金をかけて受ける治療ですから、信頼出来る医師が必要不可欠なのです。
医師を選ぶことからしっかり始めて行きましょう。