口臭の原因は歯?

口臭は誰もが多少はあるものです。
しかし、きつすぎる口臭は他人に不快感を与え、対人関係に影響を及ぼしたりします。

主に口臭の原因は、口内細菌が作り出す揮発性ガスによるものです。
このガスを抑えるためにはどうしたらいいか?
それは唾液の量と口の衛生状態がポイントとなります。
その他には虫歯や歯周病、全身的な病気や食品なども口臭の原因となります。

唾液が少なくなると揮発性ガスが出やすくなります。
寝起きに口臭があるのはこのためです。
唾液の量を増やすためには、水分を十分に飲み、よく噛んで食事をして、舌先で下の付け根あたりを刺激すると良いでしょう。

口の中が不衛生でも揮発性ガスの量が増えてしまいます。
対策は主に歯磨きですが、最低でも1日1回は歯磨きをしましょう。
それから下の表面にある白い舌苔も取り除いた方がいいです。
舌苔は食べカスや細菌、死んだ白血球などの集まりなので口臭の原因となります。
歯磨きの時には舌苔も取るようにしましょう。

虫歯や歯周病も口臭の原因となります!
虫歯があったり、歯周病にかかっていたり、あっていない被せ物が歯にあると歯磨きがしっかりできません。
そのために口の中に雑菌がたまり口臭が出てきてしまうのです。

このような場合、虫歯や歯周病の治療、状態のよくない治療済み部分を再治療しなくてはいけません。
虫歯は痛みなど症状が出やすいので治療に早くかかることができますが、歯周病は自覚症状があまりないため、かなり悪化してから歯周病と気付くものです。
しかし、歯周病でも口臭はつきものです。
歯磨きをきちんとしているのに口臭がよくならない場合は歯周病を疑ってみてもいいでしょう。
早期発見、早期治療が大切です。
虫歯の治療も歯周病の治療も、歯を守るだけでなく、口臭予防につながるのです。

糖尿病、肥満、肝不全、腎不全、胃潰瘍、胃腸不全などの病気も口臭を招きます。
もちろん早期治療が口臭改善になります。

アルコール、にんにく、ネギ類、香辛料、コーヒー、たばこも口臭の原因になることがあります。
その対策として、ガムを咬む・緑茶を飲む・市販の口臭対策グッズを試してみる方法もあります。

口臭の原因を突き止めて、口臭対策を行いましょう。